Assured Engineering

Assured事業概要については👉こちら
 

チーム


Assuredのエンジニアリングチームは、
常に「事業が成長するか、より成功に向かえるか」ということに重きを置き、
技術だけでなくビジネスや組織など、事業を取り巻くもの全てに関心を持った上で、
最適な実現方法を考えるような、オープンなチームと今後の組織づくりを目指しています。

メンバー


Product Manager
鈴木 和幸
2013年、株式会社リクルートホールディングスに入社後、新規事業のプロダクト開発や事業開発に従事。2017年より株式会社リクルートマーケティングパートナーズ子会社のQuipperに転籍、EMとして「スタディサプリ」BtoB事業のプロダクト開発・エンジニアリングチームの組織開発を担当。2020年よりAssuredに参画
Software Engineer
岩松 竜也
2015年、株式会社ビズリーチに入社後、バックエンドエンジニアとしてHRMOS採用の開発に従事。プロダクトローンチからARR10億円規模に至るまでの主要な機能開発および改善、運用に携わる。2017年より新卒エンジニア採用のリクルーターも兼任。2020年よりAssuredに参画
Software Engineer
Huang Oliver
2015年、株式会社サイバーエージェントに入社。AbemaTV, AmebaOwndの新規事業の開発に参画。その後、AIスタートアップ、 株式会社ABEJAに転職。開発、企画、営業、パートナー開拓、海外拠点と調整の事業部立ち上げを経験。2020年よりAssuredに参画
Software Engineer
内山 陽介
2012年、株式会社サイバーエージェントに入社後、グループ会社2社に在籍。モバイル向けSaaSの開発全般、プリセールス、テクニカルサポートを担当。その後、アマゾンウェブサービスジャパン合同会社にてソリューションアーキテクトとして、クラウド導入支援や技術支援、を担当。2022年よりAssuredに参画
 

技術スタック


技術選定


 

登壇資料


 
 

インタビュー記事


 

Tech Blog


⏩ Assured Tech Blog 随時更新しております! 
new!
Assuredの技術スタック紹介(インフラ編) - Assured Tech Blog
プロダクトマネージャーの鈴木 @kecholです。前回の アプリの紹介記事 に続き、今回は「Assured」のインフラ基盤をご紹介したいと思います。 インフラ基盤は大まかに分けて以下のような構成になっています。今回は以下について簡単にご紹介したいと思います。 IaaS: Google Cloud Platform (GCP) アプリケーション(コンテナ)基盤: Google Kubernetes Engine (GKE) インフラ構成管理: Terraform モニタリング: Datadog CI (テスト): CircleCI CD (デプロイ): CloudBuild データ基盤: BigQuery 「Assured」はすべてのサービスを Google Cloud Platform ( GCP) 上に構築しています。 そうしたなかで「Assured」のチームメンバーが GCP をメインで利用していくことにしたため、それまであまり議論されてこなかった環境構築時の最低要件の整備や全社単位でのセキュリティ強化を行ったという経緯があります。 この辺の経緯は Google さんにも取材をしていただいたので以下の記事をご覧ください。cloud.google.com 「Assured」では、 Kubernetes を利用してアプリケーションを運用しています。 Kubernetes クラスタの管理は自前で行うとそれなりにコストがかかる、というのが定説のように思いますが、マネージドサービスである Google Kubernetes Engine (GKE) を利用することで運用コストを減らしつつ
Assuredでのチーム開発 - Assured Tech Blog
プロダクトマネージャーの鈴木 @kechol です。今日は「Assured」でのチーム開発の様子をお伝えしたいと思います。 「Assured」の開発チームは小規模な1チームです。PM1名(私)、エンジニア4名(うち業務委託1名)、デザイナー1名というチーム構成となっています。また、これ以外に、副業で開発を手伝ってくださっているメンバーが数人います。 「Assured」では現在(2022年5月)、基本的に週3リモートワークという形で仕事をしていますが、業務委託や副業のメンバーはフルリモートのため、基本的にミーティングはオンラインを前提として行っています。最近、会社から高性能イヤホンの Shokz が配布されたのですが、これを利用し出社しながらも全員が自席からミーティングに出席するくらいにはオンラインでの進行が当たり前になっています。 「Assured」では二週間スプリントのゆるい スクラム を実施しています。二週間ごとに Planning、Review、Retrospective を実施しています。Sprint Planning は開発チームで行い、Sprint Review には営業メンバーやCSメンバーも含めたほぼ全員が参加しています。 「ゆるい」と書いたのは、現状「Assured」では Sprint Backlog となる開発アイテム(チケット/Issue)の厳密な見積もりを行っていないからです。開発チームのベロシティについては各 Sprint で消化した Issue 数を記録し、振り返ることとしています。また、Daily Scrum や Refinement といった日々の進捗確認やタスクの再調整は週1-2回実施する形で収まっています。今のところこれくらいの スクラム運用でも開発はうまく回っていると思います。チームとしても会話した上で、そうした MTG や運用の厳密さよりも、各々が自律的に開発タスクを進めコードを書く時間を捻出することに重きを置いた働き方をしています。 実際の開発タスクは、 GitHub Projects (beta) を利用して管理しています。 GitHub を利用しているのは、実際のコード/commit と Issue が双方向にリンクされ、後からその変更のコンテキストを追いやすいからです。普段は Sprint 内の開発ステータスをカンバン上で閲覧することが多いです。 Projects (beta) では、レイアウトをテーブルとボードで切り替えたり、Issue に イテレーションや マイルストーンを設定したりできます。現在は見積もりをしていないと前述しましたが、見積もりポイントをIssueごとに入力することも可能です。まだ beta
 

採用情報


 
📎
まずは気軽にお話ししませんか? 少しでもご興味持っていただけましたら、ぜひ一度カジュアルにお話ししましょう。 👉お申し込みはこちら
 
 
 
 
 

©︎ 2022 Assured, Inc.